半導体などの電子部品販売店は通販サイトが便利

半導体にはICやトランジスタ、ダイオードなどの種類があります。
ICは一つの電子部品で、色々な機能を持つ電子回路を構成する事が出来るなどの利便性があるため電子機器には欠かせない存在です。
トランジスタはスイッチとして利用する事が出来る、増幅回路として利用する事が出来るため、ICと同じく電子機器には欠かせないものとなっています。
尚、電子回路は回路設計を行い、プリント基板を製作して電子部品を実装する、そして通電を行う事で回路が正常に働くのか否かのテストが必要になります。
電子部品販売を行っているお店を利用すれば、電子回路に必要になる半導体などの部品を入手する事が出来ますし、最近は通販店を設けているお店が多くなっているため、お店に行かなくてもICなどの半導体を手に入れる事が可能です。

部品を選ぶ時には類似品番に注意が必要です

電子部品を買う時に電子部品販売のお店に必要な部品リストをお店のスタッフに渡せば、すべてを揃えて貰う事が出来ますが、お店に行くのが出来ない時などは通販店を利用すれば欲しい電子部品をすべて揃える事が出来ます。
ちなみに、ICなどの半導体の中には特殊なものもあり、お店で見つからない事もありますが、メールや電話などを利用して、お店に問い合わせを行う事で在庫品の有無や購入方法などを教えて貰えます。
尚、ICなどを通販店で買う時には類似品番に注意をして購入する事や外形などが異なるものがあるので、プリント基板に使うICと同一形状のものを買う、リード部品とチップ部品の2つのタイプが用意してあるものなどはプリント基板に合うものを選んでからカートに入れるなどが大切です。

汎用タイプは100個単位で買うとお得です

ICや抵抗、コンデンサなどの電子部品の中には電子回路で頻繁に利用する部品もあります。
通販や実店舗でその都度必要な部品を買う場合、頻繁に利用する汎用部品は100個単位などで購入しておけばその都度買う手間を省く事も出来ます。
電子部品販売を行っているお店は、電子部品を1個単位で販売していると同時に、汎用部品を10個や20個、100個などの単位で販売をしています。
例えば、セラミックコンデンサの0.1μFや0.01μFなどは電源ラインのパスコンとして利用する事が多い容量になるため、1個単位で買うよりも100個単位で購入した方が1個当たりの単位が安くなりますし、その都度購入する手間も省けます。
抵抗なども1kΩや4.7kΩなどの抵抗値は頻繁に利用するのであればまとめて買えばお得ですし、お店では頻繁に利用する抵抗値を10個や20個単位でセットにしたものを販売している所もあります。